エドワードハウエルの主張

食物酵素というものを最初に発見したのはエドワードハウエルという人です。
この人が生命活動に必要な酵素を発見し、潜在酵素や食物酵素というものを次々に発見していったのです。
ちなみに彼の主張は酵素栄養学という名前がつけられています。
けれども実験などで証明されたものではないので、主張の一部は栄養学界には受けいれられておりません。

しかしながら、彼の主張を頭に入れておくことも、食物酵素を知る上でとても重要なことだと思います。
何せ、彼は酵素の研究に一生を費やした方なのですから。

まず、酵素には大きく分けると二つあります。
潜在酵素と食物酵素です。
潜在酵素は食べ物を分解し栄養素にわけ、体内に取り込ませるという生命活動にとって、非常に重要な役割を担っています。
エドワードハウエル説によれば、この潜在酵素には上限があるそうです。
つまり、無限に作られるものではない、ということです。
一生に作られる総量に限りがあるわけですから、使い切ってしまった場合はもう作られることはない、という意味で捉えて貰って構いません。

この潜在酵素が少なくなりすぎると人は様々な病気にかかり、体調が崩れやすくなる、というのがエドワードハウエル説です。
ここまでだとすごく絶望的な話に聞こえますが、決してそういうわけではありません。
エドワードハウエル説はまだ続きます。

食物酵素を取り込むことによって生物は潜在酵素を補うことが出来る、と彼は分析しているのです。
これは、食物酵素が潜在酵素の役割を果たしてくれるためで、例えば食事のときなどに、野菜も一緒に摂っておけば、潜在酵素を使う量が少なくて済むということです。

したがって、植物酵素をたっぷり含んだ野菜や果物などをしっかり摂っておけば、人は健康体を長期間維持できるということになりますので、安心ですね。

植物酵素が何故ここまで体にいいと言われているのか、その原理はこういうことのようです。
原理を知っておけば、植物酵素の重要性をもっと自覚出来ると思います。

流行のパンケーキ

流行のものを取り入れることは時代の風に乗ることです。
新しいものを取り入れることで、物だけではなく自分自身が若く変化していきます。
ファッションや文化、食など毎年新しいブームが起こり、陰りを見せる商品もある中衰えをみせないのがパンケーキです。

毎年パンケーキ専門店の件数は増加しており、デザート系や食事系など一口にパンケーキといってもその種類は様々です。

数ある専門店の中でも東京にある表参道・青山周辺という流行を発信する町にある、今話題の幸せのパンケーキでは、ふわふわで厚みのあるスフレ系パンケーキを食べることができます。
ベーキングパウダーを使用せず、卵をふんだん使用しており独特な食感が特徴的で、口の中に入れると消えてとろけるような食感、一度食べたら病み付きになること間違いありません。
こだわり抜いた食材を使用しており、商品に掛ける情熱が伝わります。
行列も2時間以上待ちになるのも頷けるほどのおいしさですが、味だけではなく見た目にも贅沢で幸福感を味わえるスイーツです。